1. トップページ
  2. サプライヤー
  3. ヨーロッパ出張
  4. ショコラティエ

マルセイユの伝統チョコレート「ラ・バール・マルセイエーズ」


フランス最大の港町マルセイユに来ました。
今回は、このマルセイユの伝統レシピで作られているチョコレート「ラ・バール・マルセイエーズ」をご紹介します。

ラ・バール・マルセイエーズは棒状のガナッシュのこと。
ナイフで一口大にカットして食べます。
一本は長さが色々あるので、家族の人数や一緒に食べる人数、その時のお腹具合により、ボリュームを考えて買うホールケーキのような感覚のショコラ。

小ぶりのロッシェでも一つ83グラム、普通サイズだと250グラムなので、かなりのボリューム..。

一般的なボンボンショコラの一粒は10から15グラム前後なので、たっぷり容量ですね。
チョコレートを食べる楽しみをシェアできる、ラ・バール・マルセイエーズ。

ショコラティエールのゼリンが作っているのは、普通サイズのラ・バール・マルセイエーズ。
毎日手作りしています。

マルセイユ・ビュー・ポールからほど近い場所にある、
<ラ・ショコラティエール・ドゥ・マルセイユ>には、この伝統チョコレートと、
フルーツやナッツの量り売り手作りチョコレートがところ狭しと並び、地元客で賑わっています。







量り売りチョコレートはフランスではとてもポピュラー。ついつい買いすぎちゃいます。



来年のバレンタインが楽しみですね♪

by Kana