1. トップページ
  2. ヨーロッパ出張
  3. ヨーロッパ情報

ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション パリ

ブノワ・ショコラのパリブティック訪問後、次のサプライヤー商談の前に大丸百貨店のみなさま(林さん、山本さん、渡辺さん)と
ジョエル・ロブションのカジュアルレストラン、ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブションに行きました。

画像は女性シェフのMélanie Serre(メラニー・セール)シェフ。



せっかくなので、シャンパーニュで乾杯してランチを楽しみました。
日本でもミシュランレストランで有名なロブション。
ロブション氏は世界中にレストランを広げているけれど、必ずどこかの国の厨房に立っていると言われています。
ロブションの味が落ちないのはそんな彼の細やかな日々のケアがあるからです。



私たちのテーブルを担当してくれたシルヴァンさん(Monsieur Sylvain Forbice)。
彼は日本の六本木アトリエ・ロブションで3年いたそうで日本語ペラペラ。
メニューも日本語で細やかに説明してくれました。



素材選びにこだわるロブションのフォワグラはやっぱりおいしいです。
フランスに来るたびにフォワグラを食べていて最近遠ざかっていた料理ですが、久しぶりにおいしいなあ…としみじみ思いました。



その場できのこソースをかけてくれるホットサラダ。



「世界一おいしいハンバーガー」と紹介されたロブションバーガー。



ロブションの大好物の牛肉のタルタル。
フランスで食べるタルタルはお店によって酸味が強く感じることがあり、私はたまに苦手なんですが
このタルタルはまろやかな仕上がりで塩加減もちょうど良く、私好みでした♪



とってもおいしいな、モンブラン。



フランス一のマドレーヌ!
説明がとっても楽しいです( *´艸`)



ハーブティーは「フレッシュミントがいい」とリクエストしたら作ってくれました。
フレッシュハーブティーがないところは多いですが、レストランではパティスリーに生ミントを使うので用意があれば作ってくれます。
レストランではたいてい食べ過ぎるので食後はハーブティーでお腹を休めます。



食事の後、厨房を案内してもらいました。
レストランの食事が楽しめたら、厨房見学はとても興味深くうれしい申し出です。
アトリエ・ロブションのエトワール店(凱旋門近く)は若い素敵な女性シェフ。



アトリエ・ロブションはカジュアル形式なので、日本のお寿司屋さんのようにカウンター形式でオープンキッチン。
お腹が空いた人とそうでもない人同士でも、形式を気にせずに好きな物を好きな量だけ頼める店というのがコンセプトです。

オープンキッチンを囲むようにカウンターになっているので、厨房に入っても見えているものは同じですが、
フロアーサイドはサービスの楽し気な接客とお客さんたちのリラックスしたムード、
厨房に入ると、作り手の情熱とサービス前の緊張のような物を感じます。
壁もなく見えている空間なのに、やっぱり中と外では全然違う空気が流れていました。



ロブションシェフには二度、お会いしたことがありますが
二度目にお会いした時にはアトリエ・ロブション六本木店の入口にいらしてドアを開けてくれました。
「奥の席でお連れの方が待っていますよ」と普通におっしゃったのでびっくりして
「私のことを覚えているのですか?」と聞いたら、「もちろんですよ」と答えられました。
初めてお会いした時は挨拶程度しかしていなかったのに…。彼は一度会った人を忘れないそうです。



おいしかったねー、と記念写真。

さて、次の商談です。



クープ・デュ・モンドベルギー代表になったシェフショコラティエのフランソワ。
彼の素敵なチョコレートワールドの模様はまた次回ご紹介します♪



★ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション エトワール凱旋門店

L’Atelier Etoile de Joël Robuchon
133, avenue des Champs Elysées – 75008 Paris
Service voiturier : 30, rue Vernet – 75008 Paris
Tél. : +33 (0)1.47.23.75.75
https://www.joel-robuchon.com/fr/restaurants-paris-atelier-etoile.php

要予約!混んでいます。
私たちのテーブルを担当してくれた彼を呼び出して予約すると良いかも。

Monsieur Sylvain Forbice.

by KANA